研究

character_kinoko

1: 風吹けば名無し 2022/04/09(土) 21:37:22.22 ID:8FEVzmEg0
■キノコは「菌糸ネットワークを流れる電気信号」で会話をしている

キノコはおしゃべりかもしれません。

英国西イングランド大学(UWE)で行われた研究によれば、4種類のキノコで観測された電気信号を分析したところ、人間の言語に似た「単語」と「文」が確認できた、とのこと。
菌類には神経細胞が存在しませんが、細胞同士が脳のニューロンのようなネットワーク構造を形成し、ネットワーク内部では活発な電気信号の送受信が行われています。
研究者たちがこの電気活動を数学的及び言語学的に分析したところ、菌類が使う電気信号は人間の「言語」と非常によく似た構造を持っていることが示されました。

しかし菌類の言語とは、いったいどんなものなのでしょうか?
研究内容の詳細は2022年4月6日に『Royal Society Open Science』にて公開されています。



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2021/09/14(火) 05:28:04.97 ID:qs1gyBZNd

続きを読む

computer_doctor_man

1: 風吹けば名無し 2021/09/11(土) 14:17:05.93 ID:P9LwvUKGp
大変なことやろ

続きを読む

dna_chuusya

1: 風吹けば名無し 2021/06/15(火) 08:41:58.65 ID:gHvxebBDp
ヒトの脳を進化させた「知恵の実」遺伝子が、サルの脳を巨大化させると判明 

“このままでは倫理的な問題が生じると考えた研究者によって、出産予定日の50日前に中絶が行われ、ヒト化した脳をもったサル胎児はこの世に産まれてはこれませんでした。”


https://i.imgur.com/4kEvZ0A.jpg

続きを読む

このページのトップヘ