main

1: 風吹けば名無し 2021/08/26(木) 04:51:50.13 ID:0GxkJ1VI0
マリ・キュリー(1867年-1934年)

放射性元素であるラジウムとポロニウムを夫ピエールと共同発見し、その後にラジウムを分離する方法を開発する[15]。
彼女は研究試料からの放射線を長期間にわたって被曝したことで再生不良性貧血となり、これが原因で死去したと言われた。近年、医療用のエックス線の過剰被ばく(第一次大戦等で戦傷者の撮影に従事)によるとの説が有力視されている。いずれにせよ当時は、放射線の危険性はまだよく理解されていなかった[16]

続きを読む